« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »

2005年8月

2005.08.31

すみません...

「頭文字D」及び「四月の雪」ネタを期待してらっしゃる方、申し訳ありません。
「頭文字D」のほうは動きましたが、「四月の雪」は時間的に無理でした。それと私事ですが、先週から腱鞘炎で本業のほうをためてしまい、今はこちらにリポートしている余裕がありません。
9月半ば予定のメルマガのほうで反映したいと思いますので、それまで他所様で楽しんでください。

2005.08.22

アイシュワリヤ・ライ、パキスタンへ

久々に配信されたインド映画絡みのニュース。
日本でも主演作がいくつか公開されているインドの美人女優アイシュワリヤ・ライが、ポリオ撲滅キャンペーンの一環としてパキスタンを訪問するとのこと。
パキスタンは、ご存知のようにインドと対立関係にある隣国で、インド映画の上映は禁止されているそうな。アイシュの顔。パキスタンの人はわかるのだろうか? そのへんの状況をご存知の方、教えてください。
リンク: Yahoo!ニュース - 時事通信 - インドの大女優A・ライ、異例のパキスタン訪問へ=ポリオ撲滅で交流.

2005.08.20

ぐっとほっと香港・コム

ぐっとほっと香港・コムという、香港エンタメをプッシュしようというサイトが出来ました。
韓流・台流・華流に対し、香流だそうです。

台湾エンタメの独自性・香港エンタメの独自性というのはありますので、細かく分けて自己主張すると台流・香流になるのはわかりますが、そうなると大陸のエンタメの独自性を言おうとしたときにはどうしたらいいのでしょう!? 華流を中華圏全体を包括するものとして定義づけてしまった今、中流!? まさかねぇ。一文字長くても大陸流と言い出すのでしょうか?

2005.08.18

GyaO、「頭文字(イニシャル)D THE MOVIE」のオンライン試写会を実施:RBB NAVi

9/17公開の「頭文字D」のオンライン試写会だそうです。
応募締め切りは8/25とのこと。
ブロードバンド環境にある方、試してみては?
リンク: GyaO、「頭文字(イニシャル)D THE MOVIE」のオンライン試写会を実施:RBB NAVi.

2005.08.16

コネタ

本体のほうには、まだ入れませんが、お正月映画の情報も入りつつありますので、さらっと。

韓国映画「...ing」は邦題「アメノナカノ青空」としてお正月映画に。

台湾映画「フォーミュラ17(原題)」もお正月映画、という線で配給会社のサイトに出ています。

ながらく公開の待たれていた「パープル・バタフライ」(ロウ・イエ監督、主演:チャン・ツィイー、仲村トオル、リュウ・イエ)は、秋公開が決まりました。これは本体の「近日公開」コーナーに入れてありますので、今後、劇場・公開時期・公式サイトURLなどの情報は本体のほうでチェックしてください。

「アジア海洋映画祭 イン 幕張」情報2:タイムテーブル

11日にアップした情報に追加訂正したものです。

-------------------------------------------------------

 アジア海洋映画祭イン幕張の上映スケジュールが出ました。

会場

午前

午後

夕方

9/2(金) シネプレックス幕張 10:30〜「もう一度」 (フィリピン) 14:40〜「海鮮」 (中国・香港) 17:10〜 「バッファロー・ボーイ」 (ベトナム) 20:00〜 「あの夏の日の浪声」 (台湾)
9/3(土) シネプレックス幕張 11:00〜「緑の帽子」 (中国・香港) 13:30〜「タルームプック/迫り来る嵐」 (タイ) 16:50〜「海鮮」 19:10〜「バッファロー・ボーイ」 (ベトナム)
幕張メッセ国際会議場 10:00〜13:00
学生短編ビデオ入選作上映
14:00〜17:00
学生短編ビデオ入選作上映
9/4(日) シネプレックス幕張 11:00〜「あの夏の日の浪声」 12:50〜「緑の帽子」 15:20〜「もう一度」 18:40〜「タルームプック/迫り来る嵐」
幕張メッセ国際会議場 10:00〜13:00
学生短編ビデオ入選作上映

14:00〜15:45
トークショー「私と海」

角谷 優(映画プロデューサー:「南極物語」「ビルマの竪琴」「13階段」)
滝田洋二郎(映画監督:「秘密」「壬生義士伝」「陰陽師」)
島津 弘章(文芸春秋社編集委員:「週刊文春」副編集長、新書編集室長などを歴任)
馬 英華(中国弁護士)
岡田 裕(映画祭総合プロデューサー)
16:00〜17:00
表彰式

シネプレックス幕張では上映後、監督またはプロデューサーによるティーチインを予定。

入場料は1作品 1,000円(前売り・当日とも)で、
前売りは8/19(金)からチケットぴあ・千葉パルコ・津田沼パルコ・チケットビューロー銀座店(交通会館内)・渋谷チケットポート(109内)・新宿・松竹プレイガイド(紀伊国屋) 他で発売開始です。
上記作品の上映会場はシネプレックス幕張。
幕張メッセ会場では、学生による短編作品の上映・シンポジウムなどが開催されます。
詳細は、オフィシャルサイトをご覧ください。

リンク: アジア海洋映画祭 イン 幕張

2005.08.13

ツイ・ハーク監督最新作「セブン ソード」9月下旬日本緊急公開のお知らせ

 現地とのタイムラグがこんなに短かった香港映画ってあるでしょうか!?
私自身思いっきり驚いてます。
 ツイ・ハーク監督の新作「七剣」が邦題『セブン・ソード』として9月下旬緊急公開だそうです。
 とりあえず現時点でのネタ元は シネマトピックスオンラインになります。

2005.08.10

華語電影百年影展(台湾)

夏休みに台湾へ行かれる方への上映情報です。
この8月12日より中国語映画の回顧展が始まります。
大陸・香港の映画も含めた特集上映です。

8/12〜26 台北光點(台北之家=台北フィルムハウス)
8/31〜9/11 新竹影像博物館
9/13〜9/23 高雄市電影圖書館
9/6〜9/29 桃園演藝廳

台北之家のホームページはここです。


リンク: 聯合新聞網 | 影視娯楽 | 電影世界 | 華語電影百年影展 章小?「桃色」開幕.

2005.08.08

メルマガ発行

 第64号を発行しました。
次号は9月上旬の予定です。

2005.08.06

「アジア海洋映画祭 イン 幕張」情報1

 メルマガ63号で触れたアジア海洋映画祭のラインナップがようやく出ました。
が、タイムテーブルがまだ出ていません……。

「海鮮」 (中国・香港)
「緑帽子」 (中国・香港)
「バッファロー・ボーイ」 (ベトナム)
「もう一度」 (フィリピン)
「あの夏の日の浪声」 (台湾)
「TALOOMPUK」 (タイ)

何かわかればまた告知しますが、ここに書かれるのが待ちきれない方は 映画祭公式サイトを気にしていてください。

2005.08.04

第9回山形国際ドキュメンタリー映画祭情報2

開催期間:10/7(金)〜13(木) 映画祭公式サイト:www.city.yamagata.yamagata.jp/yidff/

「アジア千波万波」ラインナップ

『風経』
中国/2004/中国語/カラー/ビデオ/60分
監督:孫悦凌(スン・ユエリン)
『陳炉』
中国/2005/中国語/カラー、モノクロ/ビデオ/29分
監督:林〓[金が上に1、下に2](リン・シン)
『房(ファン)氏の家』
中国/2004/中国語/カラー、モノクロ/ビデオ/54分
監督:干超(ガン・チャオ)、梁子(リャン・ヅ)
『憶え描き』
中国/2005/中国語/カラー/ビデオ/90分
監督:鐘鍵(チョン・ジエン)
『白塔』
中国/2003/中国語/カラー/ビデオ/83分
監督:蘇青(スー・チン)、米娜(ミー・ナー)
『大統領ミル・ギャンバー』
イラン/2005/ペルシャ語/カラー/ビデオ/70分
監督:ムハマド・シルヴァーニ
『ガーデン』
イスラエル/2003/ヘブライ語、アラビア語/カラー/ビデオ/85分
監督:ルーシ−・シャツ、アディ・バラシュ
『チーズとうじ虫』
日本/2005/日本語/カラー/ビデオ/98分
監督:加藤治代
『Dear Pyongyang』
日本/2005/日本語、韓国語/カラー/ビデオ/110分
監督:梁英姫
『虚構の砦』
日本/2004/日本語、英語、他/カラー/ビデオ/32分
監督:瀧健太郎
『昨日、今日、そして明日へ・・・』 
日本、タイ/2005/タイ語/カラー/ビデオ/90分
監督:直井里予
『農家に還る』
韓国/2004/韓国語/カラー/ビデオ/85分
監督:クォン・ウージョン
『狂気の瞬間』
韓国/2004/韓国語、ヴェトナム語/カラー、モノクロ/ビデオ/82分
監督:イ・マリオ
『やってはいけません』
韓国/2003/韓国語/カラー、モノクロ/ビデオ/5分
監督:キム・ギョンマン
『記憶の足音』
レバノン/2004/アラビア語、フランス語、英語/カラー/ビデオ/52分
監督:レイネ・ミトゥリ
『いつまで、いつか・・・。』
パレスティナ、アメリカ/2004/アラビア語/カラー、モノクロ/ビデオ/76分
監督:ダーナ・アブラーム
『果ての島』
フィリピン/2004/タガログ語、イトバヤット語/カラー/ビデオ/106分
監督:ラヤ・マーティン
『イノセント』
シンガポール/2004/英語、中国語、他/カラー、モノクロ/ビデオ/27分
監督:陸華珊(ルー・リーシャン)、何俊雄(ホー・ジュンション)
『消えゆく思い出』
シンガポール、オーストラリア/2005/英語、中国語/カラー、モノクロ
ビデオ/27分
監督:翁燕萍(ウォン・イエンピン)
『壷』
シリア/2005/アラビア語/カラー、モノクロ/ビデオ/12分
監督:ディアナ・アウジェローディ
『南方澳海洋紀事』
台湾/2004/台湾語、中国語、英語、タガログ語/カラー/35mm/98分
監督:李香秀(リー・シアンシヨウ)
『移りゆくステージ』
台湾/2004/台湾語/カラー/ビデオ/42分
監督:林啓壽(リン・チーショウ)
『25歳小学2年生』
台湾/2003/中国語/カラー/ビデオ/60分
監督:李家〓[馬+華](リー・ジアホア)
『忘れないで!』
タイ/2003/タイ語/カラー、モノクロ/ビデオ/10分
監督:マヌットサック・ドークマーイ
『忘却』
トルコ/2003/トルコ語/カラー、モノクロ/ビデオ/27分
監督:ジェレン・バヤール、ディレック・イイギュン、エリフ・カラデニズリ、オズゲ・ケンディリジ、サヴァッシュ・イルハン
『金槌と焔』 
イギリス、インド/2005/言語なし/カラー/ビデオ/10分
監督:ヴォーン・ピーリーキュン

第9回山形国際ドキュメンタリー映画祭情報1

開催期間:10/7(金)〜13(木) 映画祭公式サイト:www.city.yamagata.yamagata.jp/yidff/

各特集上映概要

特集1:「様々なる<在日>─日本で生きるということ」(仮題)
上映予定作品総数:50本前後。日程:7日〜13日(7日間)

特集2:「私映画から見えるもの スイスと日本の一人称ドキュメンタリー」
上映予定作品総数:14本。日程:8日〜10日(3日間)

特集3:雲南映像フォーラム
上映予定作品総数:約10本。日程・会場:9日・東北芸術工科大学、11日・山形市中央公民館(2日間)
共催:東北芸術工科大学・東北文化研究センター
協力:雲之南記録映像論壇 (YUNFEST) 公式HP(中国語/英語)http://www.yunfest.org/

ベネチア映画祭で上映の主なアジア映画

ベネチア国際映画祭 8/31(水)〜9/10(土)

●コンペティション

・スタンリー・クワン「長恨歌」中国/香港
・アン・リー「Brokeback Mountain」アメリカ
・パク・チャヌク「親切なクムジャさん」韓国

●特別招待作品

・ピーター・チャン「如果愛」中国/香港 <クロージングフィルムらしい>
・Mehdi CHAREF, Emir KUSTURICA, スパイク・リー、 Katia LUND, ジョーダン・スコット、リドリー・スコット、Stefano VENERUSO、ジョン・ウー「All the Invisible Children」イタリア
・アンドリュー・ラウ、アラン・マック「頭文字D」香港
・三池崇史「妖怪大戦争」
・野村哲也「ファイナル・ファンタジーVII」
・ツイ・ハーク「七剣」中国/香港 <オープニングフィルム>

Special Event〜宮崎駿・栄誉金獅子賞受賞紀念特集
「風の谷のナウシカ」「紅の豚」
「On Your Mark」

●Horizons

・Rustam KHAMDAMOV 「Vokaldy paralelder」カザフスタン(ドキュメンタリー)
・リー・ユー「Hongyan (Au fil de l’eau)」中国/フランス
・ニン・イン「Wu qiong dong」中国

●Corto Cortissimo(短編)コンペティション
Jun-won HONG 「Happy Birthday」韓国
リン・チェンピン「Small Station」台湾

●The Secret History of Asian Cinema...
1926〜78年の日本映画特集
1934〜90年の中国映画特集

●“威尼斯日(ベネチア・デー?)”コンペティション  ※協賛企画的なものみたいです
ワン・ミンタイ「戀人」台湾

2005.08.03

ロカルノ映画祭で上映の主なアジア映画

リンク: filmfestival.
ロカルノ国際映画祭 8/3〜13

●コンペ部門

ANTARMAHAL - VIEWS FROM THE INNER CHAMBER
Director: Rituparno Ghosh (インド)

MA HAMEH KHOUBIM - WE ARE ALL FINE
Director: Bijan Mirbagheri (イラン)


●ビデオ・コンペティション

HAO DUO DA MI (SO MUCH RICE)
Director: Li Hongqi (中国)

HAZE
Director: 塚本晋也

MAGICIAN(S)
Director: Il-gon SONG (韓国)

MASAHISTA
Director: Brilliante Mendoza (フィリピン)

RAIEES JOMHOUR MIR QANBAR
Director: Mohammad Shirvani (イラン)

SLEEPLESS NIGHTS
Director: Brian Fung (香港)

WORLDLY DESIRES
Director: Apichatpong Weerasethakul (タイ)


●Piazza Grande

ZIR E DARAKHTAN E ZEYTON
Director: アッバス・キアロスタミ (イラン)


●Human Rights Program

ARTICLE 61
Director: Mahvash Sheikholeslami (イラン)

LITTLE BIRDS
Director: Takeharu Watai (日本)

THE STRANGER
Director: Sainath Choudhury (インド)

イ・ヨンエ銀幕に復活

「JSA」の……というよりチャングムのと言ったほうが一般にはわかるようになってしまったらしいイ・ヨンエが、「親切なクムジャさん」で4年ぶりにスクリーンに復帰。
先週木曜7/28に韓国で公開され、今年度最高の初日動員数25万人を記録し、さらに、週末2日間(7/28、29)合計で83万2574人を動員し、週末のボックスオフィスではぶっちぎりの第1位とのこと(2位は『アイランド』で31万6646人)。
監督は『復讐者に憐れみを』『オールド・ボーイ』のパク・チャヌクで、クムジャさんは復讐三部作の最終章。共演は、チェ・ミンシク。
日本では11月に、シネマスクエアとうきゅう他全国公開予定。
http://www.kumuja-san.jp

それはそうと、ヨン姫って呼び方ありですか?
ジウ姫にすら抵抗があるのですけれども。

イベント情報

database

Twitter 最新のつぶやき

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ソフト案内

おすすめ

無料ブログはココログ