« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

2005年10月

2005.10.31

東京国際映画祭 Special Selection in 幕張/アジアの風

「第18回東京国際映画祭 Special Selection in 幕張/アジアの風」
という特集上映が、明日(今日)から催されます。

期間:10/31(月)〜11/4(金)
会場:シネプレックス幕張
劇場サイト:http://www.cineplex.co.jp/makuhari/index.html

上映作品:「アジアの風」の中国語(北京語)の劇映画10作品、つまり台湾映画と中国映画。
「ファイヤーボール(アニメ)」「飛魚を待ちながら」「チョコレート・ラップ」「深海」
「のろい」「モンゴリアン・ピンポン」
「月光の下、我思う」「恋人」「靴に恋する人魚」「浮気雲」

第18回東京国際映画祭・各賞

<コンペティション>

東京サクラグランプリ:「雪に願うこと」
審査員特別賞:「女たちとの会話」
最優秀監督賞:「雪に願うこと」根岸吉太郎
最優秀主演女優賞:「女たちとの会話」ヘレナ・ボナム・カーター
   同   :「私たち」ジン・ヤーチン(中国)
最優秀主演男優賞:「雪に願うこと」佐藤浩市
観客賞:「雪に願うこと」
最優秀芸術貢献賞:「ドジョウも魚である」(中国)

<そのほか>

アジアの風・最優秀アジア映画賞:「細い目」(マレーシア)
アジアの風・スペシャルメンション:「一緒にいて」(シンガポール)
日本映画ある視点・作品賞:「カミュなんて知らない」
日本映画ある視点・特別賞:「スキージャンプ・ペア〜Road to Torino 2006」

黒澤明賞:侯孝賢(台湾)

ようやく東京国際映画祭が終わりました。
一部の皆様にはとんでもない姿をさらしてしまいましたこと、お詫び申し上げます。

2005.10.21

ウォンビン入隊へ

かねてより噂されていたウォンビンの入隊が具体的になってきたもよう。
11/29かららしいです、今のところ。
これから2年ほどは彼の姿が見られなくなりますが、
きっと男らしくなって戻ってくるでしょう。
朝鮮日報など韓国メディア以外に、サンスポなどでも報道されています。

言われていたことですが、韓国の若手、どんどん兵役ですね。
そのうち台湾も似たようなことになるんだろうなぁ。学生男優だらけだから。

2005.10.20

シム・ウナ結婚

「八月のクリスマス」「カル」などのヒロインで
一世を風靡した女優シム・ウナが、
芸能界に復帰することなく結婚しちゃったそうです。
「美術館の隣りの博物館」とか「インタビュー」といった日本公開作がありますが
人気絶頂で休業というか引退。それから4年くらいになりますか。
業界からのカムバックコール、すごかったんですよね。
以前、とある韓国映画人を取材したとき、
自分のところの作品でカムバックしないかと
シム・ウナに打診したと話してくれたことがありました。
で、シム・ウナの結婚式ですが、ごく普通の、むしろより質素な式だったらしい。
朝鮮日報中央日報の記事で
ウェディングドレス姿のシム・ウナが見られます。

日本で韓流と言われ始める前に人気のあった人なので、
わからない方もいるのかなぁ?

人気絶頂で引退で普通の主婦って路線、日本で言うなら山口百恵か原節子ですね(古い?)。

2005.10.19

角川、中国で映画館経営へ

アジア・欧州の経済情報を配信するNNAの報道によると、
出版・映像大手の角川ホールディングスと香港新華メディア集団が
香港に合弁会社を設立し、中国本土の各都市でシネコンの管理運営に乗り出すことになったもよう。

リンク: アジア・欧州経済情報/NNA: Global Communities.

大陸での広東語映画規制の緩和についても触れられています。
広東省で香港映画が広東語のまま上映される可能性が出てきたと。
(現在は、すべて普通語=北京語版にしなければならない状況)

2005 台北金馬影展ノミネート

11月13日に決定する2005 台北金馬影展のノミネートリストです。

●最佳劇情片
「天下無賊」日本公開予定
『浮気雲』(天邊一朶雲)東京国際映画祭にて上映あり
「黒社會」
『スリー・タイムズ』(最好的時光)
『カンフー・ハッスル』(功夫)

●最佳創作短片
「海巡尖兵」
「生命狂想曲」
「愛神之手」

●最佳紀録片
『ジャンプ!ボーイズ』(翻滾ロ巴!男孩)アジアフォーカス福岡映画祭にて上映
『台灣?K電影』東京国際映画祭にて上映あり

●最佳動畫長片
「龍刀奇縁」
「印順導師傳」
『ファイアーボール』(紅孩兒:決戰火焔山)東京国際映画祭にて上映あり

●最佳導演
ツァイ・ミンリャン『浮気雲』
ジョニー・トゥ「黒社會」
ホウ・シャオシェン『スリー・タイムズ』
チャウ・シンチー『カンフー・ハッスル』

●最佳男主角
レオン・カーファイ「黒社會」
チャン・チェン『スリー・タイムス」
チェン・クン「抹茶之戀味」
アーロク・クォック「三岔口」

●最佳女主角
ミリアム・ヤン「千杯不醉」
チェン・シアンチー『浮気雲』
スー・チー『スリー・タイムス」
Michelle Krusiec「面子」

●最佳男配角
アンソニー・ウォン『頭文字D」
アレックス・フォン(方中信)「千杯不醉」
王天林「黒社會」
ユン・ワー『カンフー・ハッスル』

●最佳女配角
テレサ・モウ「早熟」
蕭淑慎「青春蝴蝶孤戀花」
陸?靜『深海』東京国際映画祭で上映あり
元秋『カンフー・ハッスル』

●最佳新演員
ジェイ・チョウ『頭文字D』
梁洛施「虫不知」
黄婉伶「死亡寫真」
メーガン・ライ「生命狂想曲」

●最佳原著劇本
游乃海、葉天成「黒社會」
朱天文、侯孝賢『スリー・タイムス』
嚴浩「抹茶之戀味」
彭浩翔、黄詠詩『ビヨンド・アワ・ケン』 (公主復仇記)

●最佳改編劇本
馮小剛、王剛、林黎勝、張家魯「天下無賊」
莊文強『頭文字D』
徐克、張志成、秦天南『セブンソード』

●最佳攝影
鄭兆強(HKSC)「黒社會」
姜國民『セブンソード』
李屏賓『スリー・タイムス』
潘耀明(HKSC)「三岔口」

●最佳視覺效果
黄宏達、黄宏顯、張仲華『頭文字D』
Peter Webb『セブンソード』
楊漢昶、陳志超『靴に恋した人魚』(人魚朶朶)東京国際映画祭で上映あり
鍾志行、馬永安、譚啓昆、洪毓良『カンフー・ハッスル』

●最佳美術設計
黄家能『セブンソード』
黄文英、王誌成『スリー・タイムス』
王逸飛『靴に恋した人魚』(人魚朶朶)
黄鋭民『カンフー・ハッスル』

●最佳造型設計
張世傑「黒社會」
潘穎茵、陳顧方『セブンソード』
黄文英、廖淑珍、歐陽靖、王冠懿『スリー・タイムス』
陳顧方『カンフー・ハッスル』

●最佳動作設計
江道海「天下無賊」
黄志偉「黒社會」
劉家良、董[王韋]、熊欣欣『セブンソード』
袁和平『カンフー・ハッスル』

●最佳原創電影音樂
鄭偉杰「宅變」
羅大佑「黒社會」
李欣芸『深海』
[衣者]鎮東「三岔口」

●最佳原創電影歌曲
【飄移】/詞:方文山/曲、唱:周杰倫『頭文字D』
【對天歌】/詞:林夕/曲:羅大佑/唱:Silver「黒社會」
【戀人】/詞、曲、唱:陳泰翔(亂彈阿翔) 『恋人』(戀人)東京国際映画祭で上映あり
【陽光】詞、曲、唱:何俊明 『ジャンプ!ボーイズ」

●最佳剪輯
劉?E?E「天下無賊」
廖慶松、蕭汝冠『スリー・タイムス』
林安兒『カンフー・ハッスル』
邱志偉(HKSE)「三岔口」

●最佳音效
曾景祥『頭文字D』
莫美華、羅柏禹「黒社會」
Steve Burgess、何威『セブンソード』
Steven Ticknor、Steve Burgess、Rob Mackenzie、Paul Pirola『カンフー・ハッスル』

山形国際ドキュメンタリー映画祭2005受賞結果

10月13日に閉幕した山形国際ドキュメンタリー映画祭2005の受賞結果を、
広報の方よりいただきましたので転載します。

+++インターナショナル・コンペティション+++

審査員:崔洋一(審査員長)、ドミニック・オーヴレイ、
    賈樟柯(ジャ・ジャンクー)、呉乙峰(ウー・イフォン)

○ロバート&フランシス・フラハティ賞(大賞)
『水没の前に』李一凡(リ・イーファン)、〓(焉におおざと)雨(イェン・ユィ)

○山形市長賞(最優秀賞)
『ルート181』ミシェル・クレフィ、エイアル・シヴァン

○審査員特別賞
『ダーウィンの悪夢』フーベルト・ザウパー

○優秀賞
『海岸地』アルベルト・エリンフス、オウジェニー・ヤンセン

○優秀賞
『静かな空間』メルヴィ・ユンッコネン

+++アジア千波万波+++

審査員:村山匡一郎、ピンパカ・トゥイラ

○小川紳介賞
『チーズ と うじ虫』加藤治代

○奨励賞
『大統領ミール・ガンバール』モハマド・シルワーニ
『ガーデン』ルーシ−・シャツ、アディ・バラシュ

○特別賞
『Dear Pyongyang』梁英姫(ヤン・ヨンヒ)
『25歳、小学二年生』李家[馬華](リー・ジアホア)

+++市民賞+++
○『イラク?ヤシの影で』ウェイン・コールズ=ジャネス

--------------------------------------

+++国際映画批評家連盟(FIPRESCI)賞+++
○『チーズ と うじ虫』加藤治代

+++国際映画批評家連盟最優秀短編映画+++
○『忘却』ジェレン・バヤル、ディレキ・イイギュン、エリフ・
  カラデニズリ、オズゲ・ケンディリジ、サヴァシュ・イルハン

+++コミュニティシネマ賞+++
○『ダーウィンの悪夢』フーベルト・ザウパー

トニー・ヤン(楊祐寧)記者会見

『僕の恋、彼の秘密』(原題:十七歳的天空、英題:FORMULA17)の
トニー・ヤン(楊祐寧)の来日記者会見記事をシネマトピックスオンラインに出しました。

2005.10.09

東京国際映画祭チケット

インフォメーションに入れたタイムテーブルに
チケット売り出し初日の売り切れ情報を入れておきました。

2005.10.04

CinemaNow Japan、中国映画80タイトルを提供?金城武、レスリー・チャン主演作等

月額980円で映画見放題のインターネット配信システムに、ショーブラザース・フィルムライブラリーから中国映画80作品が加わったそうです。
以下のニュースによると、金城武の「ヒーロー(馬永貞)」やレスリー、アーロンの作品も入っています。というか、中国映画といってもショーブラですから、香港メインですよね

リンク: Yahoo!ニュース - RBB TODAY - CinemaNow Japan、中国映画80タイトルを提供?金城武、レスリー・チャン主演作等.

イベント情報

database

Twitter 最新のつぶやき

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ソフト案内

おすすめ

無料ブログはココログ