« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

2005年11月

2005.11.15

シャー・ルク・カーンと禁煙

 時事通信の配信でインドねたを見つけました。
面白そうなのでご紹介します。

 シャー・ルク・カーンが禁煙運動の先導役をするよう政府から要請を受けたそうです。
シャー・ルク自身は、チェーン・スモーカーで先ごろ禁煙宣言をしたとかで。
でも、政府の要請に対する回答はまだ出していないようです。
このネタを報じたタイムズ・オブ・インディア紙の論調は、そもそもシャー・ルクが本当に禁煙するのか禁煙に成功するのか懐疑的だとか。
リンク: Yahoo!ニュース - 時事通信 - 禁煙運動の先導役、ボリウッドの大スターに依頼=インド政府.

2005.11.14

ミシェル・リー主演テレビドラマ版「画魂」

「画魂」と言えばコン・リー主演の中国映画ですが、そのスタンリー・クワン監督によるテレビドラマ版のブロードバンド配信が始まったそうです。GyaOにて。
主演は、ミシェル・リー、共演に伊能靜、フー・ジュン、リィウ・イエなど。
リンク: GyaOでミシェル・リー主演「画魂」開始〜中国大河電視劇シリーズ全5話公開中:RBB NAVi (ブロードバンドコンテンツ 検索サービス) 2005/11/14.

金馬奬・結果

とりいそぎ、速報です。

★最佳劇情片(作品賞):『カンフー・ハッスル』(功夫)

★最佳創作短片(短編賞):「生命狂想曲」

★最佳紀録片(ドキュメンタリー賞):『ジャンプ!ボーイズ』(翻滾ロ巴!男孩)
   ※アジアフォーカス福岡映画祭にて上映

★最佳動畫長片 (アニメーション賞):『ファイアーボール』(紅孩兒:決戰火焔山)
   ※東京国際映画祭にて上映

★最佳導演(監督賞):チャウ・シンチー『カンフー・ハッスル』

★最佳男主角(主演男優賞):アーロク・クォック『ディバージェンス(三岔口:原題))』
   ※東京国際映画祭にて上映

★最佳女主角(主演女優賞):スー・チー『スリー・タイムス』
   ※東京フィルメックスにて上映

★最佳男配角(助演男優賞):アンソニー・ウォン『頭文字D』

★最佳女配角(助演女優賞):元秋『カンフー・ハッスル』

★最佳新演員(新人賞):ジェイ・チョウ『頭文字D』

★最佳原著劇本(オリジナル脚本賞):游乃海、葉天成「黒社會」

★最佳改編劇本(脚色賞):馮小剛、王剛、林黎勝、張家魯「天下無賊」

★最佳攝影(撮影賞):潘耀明(HKSC)『ディバージェンス(三岔口:原題)』

★最佳視覺效果(視覚効果賞):鍾志行、馬永安、譚啓昆、洪毓良『カンフー・ハッスル』

★最佳美術設計(美術賞):王逸飛『靴に恋する人魚』
   ※東京国際映画祭にて上映

★最佳造型設計(コスチューム賞):陳顧方『カンフー・ハッスル』

★最佳動作設計(アクション指導賞):劉家良、董[王韋]、熊欣欣『セブンソード』

★最佳原創電影音樂(オリジナル映画音楽賞):李欣芸『深海』
   ※東京国際映画祭にて上映

★最佳原創電影歌曲(主題歌賞):【陽光】詞、曲、唱:何俊明 『ジャンプ!ボーイズ』

★最佳剪輯(編集賞):邱志偉(HKSE)『ディバージェンス(三岔口:原題)』

★最佳音效(音響効果賞):莫美華、羅柏禹「黒社會」

★観衆票選最佳影片:「面子」

2005.11.04

予告:アジア・フィルム・フェスティバル

 今年は、2年に一度のNHKアジア・フィルム・フェスティバルの開催年です。
先ほど、お知らせ第一報が届きました。
会期は、12/17(土)〜25(日)まで、NHKみんなの広場ふれあいホールにて。
新作として、韓国、シンガポール、ベトナムの作品などが上映される予定です。
いつもどおり過去の秀作も上映されます。
佳作なのに配給会社のつかなかった作品も多々あります。この機会に是非。
上映作品の詳細、チケットのことなどは続報をお待ちください。

イベント情報

database

Twitter 最新のつぶやき

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ソフト案内

おすすめ

無料ブログはココログ