« アジア新星流 FOCUS FIRST CUTS | トップページ | 2008年2月公開作品(4本) »

2007.12.30

日台合作「アディクトの優劣感」舞台挨拶レポート

Addicts_2 12月22日(土)、渋谷・Q-AXシネマにて日本・台湾合作映画『アディクトの優劣感』が封切られました。当日の舞台挨拶には、藍河兼一監督(写真前列右端)と小出正之プロデューサー(後列右端)のほか、青山華子(前列左から2番目)、沢村純吉(前列右から2番目)、シュ・レイアン(朱蕾安=前列左端)、吉武優(後列左から3番目)、リン・スーツェン(林思辰=後列左から2番目)、イン・ツェンウェイ(殷震緯=後列左端)ら俳優陣が参加。これは池間了至原作の同名小説を原作にした作品で、通常の映画と違いデジタルのスチール写真をアニメーション的に1枚1枚加工したものをベースに作られた異色作。東京を舞台にしているが、撮影の多くは台湾・台北でなされた点も異色で、台北では現地の若手俳優たちが撮影に参加した。主演の青山は、台北での撮影の空き時間には様々な台湾の美味を堪能していた、と撮影の裏話を披露。上映初日に合わせて来日したシュ・レイアンら台湾俳優陣は「東京は外は寒いけど、建物の中は暖かい」と台北との気候・習慣の違いに驚いた様子。レイアンは、日本語が堪能で柔らかな歌声で主題歌も担当している。

http://www.addicts-movie.com/

※本作については、日本映画との情報を得ていましたので当ブログでは情報をお伝えしてきませんでしたが、合作になるとのことですので、ここに情報を掲載いたします。関係者および当ブログ・ユーザーの皆様にはご迷惑おかけしましたこと、お詫びいたします。

« アジア新星流 FOCUS FIRST CUTS | トップページ | 2008年2月公開作品(4本) »

台湾」カテゴリの記事

イベント情報

database

Twitter 最新のつぶやき

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ソフト案内

おすすめ

無料ブログはココログ