« 第4回アジア・フィルム・アワード ノミネート | トップページ | 【記事移動のお知らせ】東京国際映画祭『心の魔』ホー・ユーハン特集 »

2010.01.30

シネカノン、再生法適用申請

「シュリ」をはじめ、さまざまな秀作を配給してきた(株)シネカノンが、事実上の倒産となりました。寂しいですね。

「シネカノン有楽町1丁目」も、(おそらく)この動きに伴い28日付けで閉館しました。

なお、旧「シネカノン有楽町2丁目」改め現「ヒューマントラストシネマ有楽町」と「ヒューマントラストシネマ渋谷」については、今後もこれまでどおり営業を続けていく旨が(株)シネカノンに運営を受託されている東京テアトル(株)から発表されています。
http://www.ht-cinema.com/news/index.html#news0129-178

リンク: 「フラガール」制作のシネカノン、再生法適用申請(読売新聞) - Yahoo!ニュース.

ムービーアイもなくなってしばらく経ちますが、アジアとのコラボレーションに積極的だった会社がこうして減っていくことは、ひじょうに残念です。

« 第4回アジア・フィルム・アワード ノミネート | トップページ | 【記事移動のお知らせ】東京国際映画祭『心の魔』ホー・ユーハン特集 »

★さまざまな話題」カテゴリの記事

イベント情報

database

Twitter 最新のつぶやき

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ソフト案内

おすすめ

無料ブログはココログ