« 2,011年4月公開作品(5本) | トップページ | 2011年5月公開作品(3本) »

2011.04.02

花開くコリア・アニメーション2011

 世界的に注目を浴びている韓国アニメを紹介するイベントのお知らせです。

韓国インディーズ・アニメ専門映画祭「インディ・アニフェスト」から最新の秀作30本を、東京・名古屋・大阪で上映します。

東京会場では、「インディ・アニフェスト2010」一般部門優秀賞を受賞した上映作『Eating』のチャン・スンウク監督を招き、世界的に注目を集める若手アニメーション作家の一人、水江未来氏とのトークを開催。

東京および名古屋では、自主制作ながら大手配給会社によって劇場公開された話題の長編『ロマンはない』を上映。名古屋上映時には、共同監督であるホン・ウンジ、スギョン両氏も来日。

大阪会場では、かつて日本公開されながら長らく韓国にはフィルムがなく「幻の作品」といわれてきた、韓国初の長編劇場用アニメ『少年勇者ギルドン』(1967年)を上映。韓国アニメーションの父といわれる、同作のシン・ドンホン監督を招き、韓国アニメーション草創期の貴重なお話をうかがいます。

●東京会場

4/16()17() アップリンク・ファクトリーにて

料金:1プログラム(座談会)1,200円(UPLINKホームページにてメール予約の場合1,000円)/1回券1,200円、3回券3,300円、パスポート4,000

●大阪会場

4/23()28() PLANET+1にて

/料金:一般1回券800円、会員/学生500円 パスポート:一般2000円、会員/学生1500円/特別上映「少年勇者ギルドン」1000円(23日特別上映+トークのみ1500円)

●名古屋会場

5/14()15() 愛知芸術文化センター 12階 アートスペースEFにて

/料金:1プログラム 1,000円、パスポート 3,000円 ※ 当日券のみ

【上映プログラム】

短編Aプロ<Inside>一緒にいたい家族のこと83分/9 作品『Mom』『九人の夫を持つ女』ほか)

短編B プロ<Outside>アニメーションで見る、世界と現実85分/12作品『公共マナー』『Thembi's Diary』ほか)

短編Cプロ<Youth>泣いたり笑ったり、そして懐かしい…青春83分/9 作品『Kopi Luwak』『旅行カバン』ほか)

長編『ロマンはない』70分/東京・名古屋)

市井の人々の生活をコミカルに描く、期待の長編インディーズ・アニメーション作品

長編『少年勇者ギルドン』(80分/大阪)

主催:韓国インディペンデント・アニメーション協会、UPLINK(東京)、PLANET+1(大阪)、CINEMA KOREA、愛知芸術文化センター(名古屋)

後援:(共通):大韓民国文化体育観光部、駐日韓国大使館 韓国文化院(東京・名古屋)、

日本アニメーション学会、日本アニメーション協会

大阪のみ:大阪韓国領事館 韓国文化院

名古屋のみ:日本映像学会中部支部、財団法人 名古屋国際センター、財団法人 愛知県国際交流協会

協力(名古屋のみ)ANIMATION TAPES、スタジオきんぎょ

■公式サイト http://www.geocities.jp/ako790107/ianifest/

■お問い合わせ先

 ●東京会場 アップリンク・ファクトリー TEL03-6825-5502

 ●大阪会場 PLANET+1 TEL06-6377-0023

 ●名古屋会場 シネマコリア 西村  TEL090-1863-7855

« 2,011年4月公開作品(5本) | トップページ | 2011年5月公開作品(3本) »

★イベント・上映会」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9093/51284466

この記事へのトラックバック一覧です: 花開くコリア・アニメーション2011:

« 2,011年4月公開作品(5本) | トップページ | 2011年5月公開作品(3本) »

イベント情報

database

Twitter 最新のつぶやき

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ソフト案内

おすすめ

無料ブログはココログ