« 【ただいま上映中】 | トップページ | 2012年12月公開作品(7本) »

2012.11.28

日吉電影節2012 (彭小蓮監督来日関連)

本年は、中国から彭小蓮監督をお迎えして行われます。

彭小蓮監督『夏の船 ― Kids in Shanghai』 上映・講演会

日時:12/4(火) 16:30~作品上映『夏の船―Kids in Shanghai』(日本初公開)
(原題:我??的小船 Kids in Shanghai/中国/2008 年/中国語/DVD/84 分/日本語字幕) ※慶應義塾大学文学部中国文学専攻の卒業生・院生が字幕翻訳

夏休みを迎えた子どもたち。異なる境遇のなかで、上海という大都会の海原を逞しく進み、知らず知らずのうちにそれぞれが関わりを持っていく。夏休みを過ごす子どもたちを通して、上海社会の持つさまざまな側面が描かれる。

同日18:15~講演会 ゲスト:彭小蓮(映画監督、『満山紅柿』『上海家族』ほか)
場所:慶應義塾大学日吉キャンパス・来往舎 1F シンポジウムスペース(約120名収容)
対象:学生が対象ですが、一般の方も参加可能(通訳あり)
入場無料・参加予約不要(但し満席の場合は入場を断らせていただく場合があります)

主催:慶應義塾大学文学部  極東証券寄付講座「東アジアの伝統と挑戦」
協力:慶應義塾高等学校外国語科(中国語)
運営:日吉電影節実行委員会(http://ameblo.jp/hiyoshi-keio/

※彭小蓮監督来日関連では、次のイベントも予定されています。

●『紅日風暴 ― 胡風と毛沢東』上映・講演会

彭小蓮・閩燕墨雨監督『紅日風暴 ― 胡風と毛沢東』(日本語字幕特別バージョン) (紅日風暴/中国/2012 年/中国語/DVD/165 分/日本語字幕)

彭小蓮監督の父・彭柏山とともに「胡風分子」として迫害された人々のインタビューを中心に構成されたドキュメンタリー映画。すでに他界した「胡風分子」たちの貴重な映像と証言が収められている。 また、日米の中国文学研究者も作品中に登場。このたび、慶應義塾大学日吉中国現代文学研究会のメンバーによる日本語字幕版が完成し、上映の運びとなった。

なお、今回上映する日本語字幕版は、2009年の137分バージョンに映像を追加した165分の特別バージョンとなっている。

日時・会場:
12/6(木)15:00~上映(165分)慶應義塾大学三田キャンパス 南館地下 3F 2B31教室
      18:15~講演(90分)慶應義塾大学三田キャンパス 研究室棟 A会議室

ゲスト:彭小蓮(映画監督、『満山紅柿』『上海家族』ほか)

対象:どなたでも参加できます(通訳あり)       入場無料・参加予約不要(但し満席の場合は入場を断らせていただく場合があります)

主催:慶應義塾大学日吉中国現代文学研究会(代表:関根謙  文学部教授)

※問い合わせ先(両イベントとも):dianying(a)ml.keio.jp    ※(a)を@に置き換えてください。

« 【ただいま上映中】 | トップページ | 2012年12月公開作品(7本) »

★イベント・上映会」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9093/56206345

この記事へのトラックバック一覧です: 日吉電影節2012 (彭小蓮監督来日関連):

« 【ただいま上映中】 | トップページ | 2012年12月公開作品(7本) »

イベント情報

database

Twitter 最新のつぶやき

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ソフト案内

おすすめ

無料ブログはココログ